Designing future value with customers!

顧客と共に、新たな価値を創出し、
真の社会貢献を目指します

2010年4月に起業し、丸10年が経過しました。経営コンサルタントとして、クライアント企業のあらゆる課題を解決するため、邁進してきました。当たり前の話ですが、一つとして同じ課題はなく、全て、クライアント企業に合った解決策を提供して参りました。
創業当時から、CRMにフォーカスし、経営課題の中でも特に、顧客戦略を数多描いています。
CRMは、愚直なことの積み重ね、クライアント企業においても、そのことを理解し、しっかり推進できる企業は、必ず成果を出されます。

顧客と企業の関係は、日々刻々と進化しています。とりわけデジタルテクノロジーの進展により、そのスピードは日進月歩です。DX(デジタルトランスフォーメーション)対応を急がれる企業も珍しくなくなりました。弊社のクライアント企業の多くを占めているファッション・化粧品・ライフスタイル関連業界におきましても、その波は、着実に訪れています。デジタルを起点とし、オンライン通販が隆盛な現状ですが、リアル(実)店舗がただただ凌駕されていく、、という事にしてはいけないと感じます。
少し前に頻繁に見かけたAIで置き換えられる職業といった類の記事に、例外なくアパレル等の販売スタッフが挙げられていました。進化しなければ、置き換えられることもあるかもしれません。ショッピングが、単純なものであれば、、それでよいかもしれない・・。しかし私たちは、そうした購買行動にエンターテインメント性も求めてきたのではないでしょうか。接客は煩わしいから不要といった向きもあろうかと思います。一方で、きちんとした接客を受け、自分に合った商品と出会いたいという方も沢山いらっしゃいます。今も昔も、そうやって脈々とリテールの現場が展開されてきたのです。。当社は、ファッション・化粧品・ライフスタイル関連業界におけるリアル(実)店舗展開に対し、特別な思いを持って、コンサルティングサービスのみならず、デジタルテクノロジーで底支えするソリューションの開発・提供に取り組んでまいりました。その流れは加速させるべきと信じて邁進してきました。

2020年4月、そんな悠長なことを言ってはいられなくなりました。コロナショック下の今、様々な業界が、未曽有の危機を迎えておられます。まずは、この危機を乗り越えなければなりません。同時に、危機の後のことも考えなければなりません。顧客と企業の関係は、コロナショックにより、劇的に変化しました。。この流れは、元に戻ることは無いでしょう。

私たちは、アフターコロナ時代におけるリテールの在り方を定義付けていく必要があります。そこには、デジタルテクノロジーの進展が、後押しすると考えます。今こそ、自社の顧客は、誰なのか、大事にすべきは、どのような顧客なのか、リテールの現場では、こうしたことをより一層追求する局面に立たされています。

当社は、創業から10年間、顧客の声に耳を傾け、アジャストすることに、腐心してまいりました。これまで培ってきた実績と、更なるインプットを活かし、多くの企業の皆様の支えとなるため、これからの10年間は、顧客と共に、新たな価値を創出するという考えに、チェンジします。
クライアント企業様やパートナー企業様と手を携え、新たな価値観を創り出し、その醸成に、全社員一丸となって充てる覚悟です。
そして、このパラダイムシフトを、軽やかに乗り越え、真の社会貢献が出来る会社になろうと強く思うのです。

2020年4月
株式会社スマートウィル
代表取締役社長 坂本 雅志

Our Management

代表取締役社長
坂本 雅志

1993 日本生命保険相互会社に入社し、リテールマーケティング戦略構築担当等に従事。
2005 日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社(現 シティグループ・キャピタルパートナーズ合同会社)に参画し、企業買収(PE投資)ビジネスに携わる。マーケティング戦略担当としてリテールビジネス領域の投資先経営支援を担当後、テレマーケティング事業のリーディングカンパニー「(株)ベルシステム24」の社長室長、執行役員営業企画室長、専務執行役・COO(最高執行責任者)等に従事。日本テレマーケティング協会常任理事等兼任。
2010 合同会社スマートウィル(現 株式会社スマートウィル)を設立。【現在に至る】
2012 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科(MBA)講師を兼任。担当講座「CRM戦略」
2014 「この1冊ですべてわかる『CRMの基本』」(日本実業出版社)を出版。
1993 日本生命保険相互会社に入社し、リテールマーケティング戦略構築担当等に従事。
2005 日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社(現 シティグループ・キャピタルパートナーズ合同会社)に参画し、企業買収(PE投資)ビジネスに携わる。マーケティング戦略担当としてリテールビジネス領域の投資先経営支援を担当後、テレマーケティング事業のリーディングカンパニー「(株)ベルシステム24」の社長室長、執行役員営業企画室長、専務執行役・COO(最高執行責任者)等に従事。日本テレマーケティング協会常任理事等兼任。
2010 合同会社スマートウィル(現 株式会社スマートウィル)を設立。【現在に至る】
2012 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科(MBA)講師を兼任。担当講座「CRM戦略」
2014 「この1冊ですべてわかる『CRMの基本』」を出版。

出版書籍

この1冊ですべてわかる『CRMの基本』(日本実業出版社)
最新の動向・トレンドを踏まえ、企業がCRM戦略を実践する際に必要なポイントを解説しております。
CRMの基本からわかる内容となっており、戦略としてのCRMの捉え方から、顧客識別のプロセス、顧客分析の手法、顧客との関係性構築、優良顧客への差別化対応、顧客データの収集・管理・活用までを、最新の実例とともに基本から説明しています。

メディア連載

『Forbes JAPAN』の”オフィシャルコラムニスト”としてビジネスカテゴリにて、コラム連載をさせていただいています。
<コラムタイトル>
『センスのいい「個人情報」の使い方』

Advisor

熊平 美香

日本教育大学院大学 学長
財団法人クマヒラセキュリティ財団 専務理事、(株)エイテッククマヒラ 代表取締役、 (株)栄光 顧問、(株)セルム 顧問、(株)アビタス 顧問、青山ビジネススクール評議委員会 委員、青山ビジネススクール 講師、ABEST21 委員、日本英語交流連盟 理事、デジタルフォレンジック研究会 監査、SPREADセキュリティ対策推進協議会 監査、Learning for All 理事

専門 組織開発、人材開発、リーダーシップ開発。日本でいち早く「学習する組織」理論を展開
略歴 (株)熊平製作所取締役、(株)藤田商店、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)の取締役等を経て現職。
学歴 青山学院大学法学部卒業、ハーバード大学大学院MBA
著書等 『チーム・ダーウィン―「学習する組織」だけが生き残る』(英治出版)、『リーダーシップを磨くための4つのステップ』(雑誌THINK!2002年No.2)
その他 「情報セキュリティ文化賞」受賞(2004年)

Company Data

組織名 株式会社スマートウィル Smartwill Inc.
代表者 代表取締役社長 坂本雅志
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木6-16-50
設立 2010年4月28日

お問い合わせ contact@smartwill.co.jp

プライバシーマーク 認定番号 第10840522(03)号
プライバシーマーク認定事業者

業務内容

    • データドリブンなCRM戦略を基軸とし、クライアント企業のマーケティング・コミュニケーション戦略のコンサルティング、プランニング、エクセキューションまでを提供

    • ビッグデータ活用コンサルティング
    • 顧客インサイトマーケティング
    • コミュニケーションデザイン

- 教育/研修機能
- 実店舗情報武装化支援機能
- One-to-Oneマーケティングエージェンシー機能

※CRM: Customer Relationship Management(顧客関係性マネジメント)